リウマチは最新治療で完治【温浴効果で寛解へ到達】

リウマチの最新治療法と寛解へのステップ【目次】

リウマチは治療によって完治するのか。
 
現在の医療技術では完治には至ることは難しいと言われていますが、寛解に至ることは可能で約70%のリウマチ患者が寛解に持ち込むことができるようになりました。
 
寛解とはリウマチの症状がコントロールされほぼ消失された状態をいいます。
 
寛解に至ることができれば薬を服用しながらではありますがリウマチを患っていることを忘れることができるくらいのレベルで生活することが可能になります。
 
そして中には薬の服用を中断し完治したと判断できる状態に到達した患者もいるのです。
 
リウマチは腫れや痛みが体の関節に広がり、痛みを伴う筋肉の萎縮によって日常の動作が不便になる病気です。リウマチが発症する原因は2016年、今の医療技術を持ってしても未だ解明できておらず、その人の環境・遺伝・免疫など様々な要素が掛け合わさり発病すると言われています。
 
環境という観点で発病の原因を考えたときに共通点はないのでしょうか?事例としては女性の出産後の発病が多いことから精神的・肉体的なストレスが関与していると考えられています。

 

遺伝的な理由ではどうでしょうか。理由は解明されていませんが男性に比べ女性の発病率が高い点、そして二卵性双生児より一卵性双生児の方が発病率が高い点から発病と遺伝にはつながりがあると考えられます。

 

上記のようにリウマチの原因には様々な考察があるものの未だ解明されていません。さらにリウマチの症状は患者一人一人違うため全員に同じ治療法では対応できません。なので患者ごとにその症状に合った治療法を選択する必要があります。

 

発病の原因を解明できていないため完治するための治療法は未だありませんが、インターネット上では事実を伴っていない情報が流れていて自分の症状に合わない治療法を独断で選び症状を重くしてしまう患者が増えています。

 

そういったトラブルを解決するためにこのサイトでは最新の治療法を科学的根拠に基づいて公開された資料を基に紹介していきます。

 

加えて、自宅でできる費用を抑えて寛解に到達する方法も紹介しているので是非参考にしてみてください。

 

⇒2016年、自宅でできる最新のリウマチ治療方法はこちら

 

 

 

 

目次

 

リウマチをきちんと知ろう

 

早期発見・早期治療で寛解へ到達

 

4つの治療の鍵を理解する

 

基礎療法の説明

 

リハビリ次第で生活は変わる

 

最新の薬物療法

 

自宅でできる温浴ケアで寛解に到達

リウマチをきちんと知ろう

リウマチ治療で完治することを考えたときに大事なことは自分の患っている病気についてきちんと理解することです。このページではリウマチがどんな病気なのか詳しく説明していますので参考にしてください。

 

 

リウマチ発症の要因

 

リウマチの原因は滑膜の炎症が免疫システムの異常によって引き起こされることが原因と考えられていますが、そもそもなぜ免疫システムが異常を起こしてしまうのかについては解明されていません。それでも少しずつ昨今の医療技術によって免疫システムが異常を起こす原因が解明されつつあります。

 

それでは「遺伝的要因」をベースとしてリウマチの発症を考えてみましょう。研究によるとリウマチを発症している人の遺伝子にはある共通の特徴があるといわれています。ですが家族間でリウマチが必ず遺伝されているかいうと違います。遺伝されるのはリウマチが発症しやすい体質ぐらいだと言われています。なのでリウマチは遺伝病ではありません。

 

最近の研究ではこの遺伝的要因に「環境的要因」が加わることでリウマチが発症すると考えられています。化学物質や紫外線、妊娠や出産そして細菌やウイルスなどの様々な環境的要因によって遺伝子は傷つけられそれが遺伝的要因と絡まることでリウマチは発症しています。

 

 

なぜ女性にリウマチ患者が多いのか

 

リウマチだけでなく自己免疫疾患は女性の方が男性より多く発症しています。理由として考えられているのが妊娠・出産による女性ホルモンの影響です。

 

女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)や乳腺刺激ホルモン(プロラクチン)という自己免疫反応を高める働きがあるものがあります。この乳腺刺激ホルモンによってリウマチの症状が悪化してしまうケースがあるのですが、それは出産後の授乳が関係しています。反対に、妊娠中にリウマチの症状が良くなるケースがあるのですがそれは免疫機能が妊娠中は抑制されているからです。理由として赤ちゃんを異物としてみなさないためだと言われています。

 

ですが、免疫機能が妊娠中に抑えられていたとしても出産後に解除されるとその反動で自己免疫反応が急激に高まってしまうケースがあります。それによりリウマチの症状が悪化してしまうことがありますが、健常者が妊娠・出産後にリウマチを発病してしまうのはこれが原因ではないかと考えられています。

 

 

症状の特徴

 

リウマチは発病初期から激しい症状が出る病気ではありません。加えて症状の進行もゆっくり進んでいくので病院での診断を受けるのが遅くなる人が殆どです。しかし、リウマチの進行を抑えるには自覚症状に気付き医者の診断を受け早期治療を始めることが重要です。リウマチの自覚症状を下記にまとめましたので自分に当てはまる項目があるかチェックしてみましょう。

 

朝のこわばり 起床時に手の指にこわばりがあり動めたりマッサージをすることで動かしやすくなるが、症状の進行にともないこわばりが長時間続くこともある。かすのが困難。温めたりマッサージをすることで動かしやすくなるが、症状の進行にともないこわばりが長時間続くこともある。
複数の関節に痛みや腫れがある 痛みや腫れが手足の指を始めとする膝や肘、肩や股関節などの大きな関節に及んでいく。発病初期では腫れがある関節も触わったり動かさなければ痛みは出ないが、症状が進行すると静止した状態でも痛みが生じる。痛みが出る箇所は紡錘形に腫れ熱を持つ。
左右対称の関節に痛みや腫れがある 体の左右対象の関節に痛みや腫れがあらわれる。だが最初に右の関節にだけ痛みがあらわれるなどの時間差があるものの、病気の進行にともない左右対称に症状があらわれる。
ひざ、ひじ、後頭部にしこりがある 数ミリから数センチのしこりが、ひざ、ひじ、後頭部にあらわれる。これはリウマチ結節とよばれリウマチの症状が悪化することでしこりは肥大する。リウマチ患者の全員にあらわれる症状でなく約5人に1人にあらわれる。
だるい、熱っぽいなどの症状がある 風邪に似た熱っぽさ、体のだるさ、食欲不振が続くことがある。リウマチの症状は関節にだけにとどまらず全身に症状がでることもある。

早期発見・早期治療で寛解へ到達

リウマチは進行性の病気のため発見の遅れや受診の先延ばしは病気の進行の原因となります。最近の研究で、抗リウマチ薬による治療をリウマチ発病初期で行うことで治療成績が良くなるということが判明しています。アメリカのリウマチ学会によると骨の変形や関節の破壊を止めるためには診断から3ヵ月以内に治療を開始することが重要だと言われており日本でもこの考えに則って治療を行っています。大事なことは早期発見・早期治療がその後の経過に良い影響を及ぼすということです。

 

リウマチの完治は難しく代わりに寛解の状態を目指して治療を行っていきます。寛解とはリウマチの症状がコントロールされほぼ消失された状態をいいます。寛解に至ることができれば薬を服用しながらではありますがリウマチを患っていることを忘れることができるくらいのレベルで生活することが可能になります。そして中には薬の服用を中断し完治したと判断できる状態に到達した患者もいるのです。現代の治療法の進歩によりリウマチ患者の70%が寛解に到達するようになりました。より早く寛解に到達するために一番大事なことは早期発見・早期治療です。

 

 

専門医の指示を仰ぐ

 

自分の体にリウマチの自覚症状があらわれリウマチの発病を疑われるとき、どの病院に何科の医者に相談すればいいか分からない人も多いと思います。リウマチの専門医はリウマチ科・内科・膠原病科・整形外科など様々な診療科に分かれていることがあるので探すのに困る場合があります。リウマチの専門医は以下のURLで探すことができるのでこれから診断を受ける人は参考にしてみてください。
⇒リウマチの専門医情報はこちら

 

かかりつけの医者がいる方はその医者に相談してもいいですし、初期症状はに関節の痛みや腫れが出ることが主なので整形外科の医者に診てもらっても構いません。大事なことはリウマチを放っておかないことです。

 

受診する際には最初に自分の症状を詳しく医者に説明しましょう。いつから症状が出ているのか、どこに症状が出ているのかなど自分でわかることは詳しく説明しましょう。医者は触診や視診によって関節の状態を把握したり皮膚のむくみ具合や色、腫れなどを観察します。リウマチは関節だけでなく内臓にも症状があらわれることがあるので聴診で呼吸器や心臓の調子を検査します。この段階でリウマチかどうか判断できる医者もいます。

 

診断によってリウマチかどうかを判断するにはアメリカのリウマチ学会の診断基準を用います。以下の7項目のうち4項目以上に当てはまる場合はリウマチと診断されます。当てはまらなくても医師がリウマチの疑いがあると判断した場合は精密検査を受けることをおすすめします。

 

1、朝のこわばり 起床から1時間以上手にこわばりがあり、手でグーパーなどの動作ができない状態
2、3つ以上の関節に腫れ 3つ以上の関節が同時に腫れている
3、手の関節の腫れ 手の関節に一つ以上の腫れがある
4、関節に左右対称の腫れ 関節に左右対称の腫れ、もしくは片方だけでも時間差で腫れている
5、リウマチ結節があらわれている ひざ・ひじ・後頭部などにしこり(結節)がある
6、エックス線検査において骨の破壊や変形が確認される エックス線検査において、手や指の関節に虫食いのような破壊や変形が確認される
7、リウマトイド因子検査で陽性 リウマトイド因子が血液検査で陽性。だが陽性だからと言ってリウマチだということではない

 

以上7項目のうち4項目以上当てはまる場合はリウマチと診断されます。ですが4項目以上当てはまらなくても医師がリウマチの疑いがあると判断した場合は血液検査やエックス線検査を行います。血液検査については別ページで詳しく説明していますのでご確認ください。
→血液検査についての説明はこちら

 

 

 

 

 

 

 

3つの治療の鍵を理解する

病気の進行が抑えられた状態、寛解を目標にして治療を進めていくうえで大事なのが3つの治療の鍵です。

 

基礎治療・リハビリ・薬物療法がその3つでこれらは病気の症状や進行具合によってどの治療法を選択するかが変わります。

 

以下に各治療法の目的や効果をまとめましたので確認してください。

 

基礎療法 日常生活での注意点、食生活や睡眠、体調管理などを目的としている
リハビリ 筋肉強化や関節の可動域確保を目的としている
薬物療法 原因に作用する抗リウマチ薬や炎症を抑える抗炎症剤による治療

 

治療において大事なことは適切なタイミングに適切な方法を選択するということです。タイミングを見誤らなためにも医師との意思疎通が大事になってきます。

 

基礎療法の説明

基礎療法はリウマチ治療において療養生活の主となる部分です。特にリウマチとは長い付き合いになりますので日々の生活の中で体調を良好に保つ工夫や努力をする必要があります。

 

基礎療法の中でとりわけ気を付けてほしいのがストレスをため込まないということです。リウマチの治療がうまく進まなかったり関節の痛みによってイライラしたり憂鬱になったりと精神的に不安定にならないように常にポジティブな気持ちで病気と付き合っていくことが大事です。さらにポジティブに明るく治療に取り組む方が免疫の働きを良くする効果があることが調査によって判明しています。

 

リウマチについて、自分の症状についての疑問がある場合はそれが不安に変わる前に主治医に相談しましょう。特に、インターネット上の情報には注意です。インターネット上の他のリウマチ患者のおすすめするサプリメントを独断で購入し試す方が増えていますが、リウマチの症状や治療法は一人ひとり違うのでそれが逆効果になり体調が悪化してしまうケースが多いようです。自分でリウマチに関しての情報収集をするのはとてもよいことですが、あくまでもそれを自分の治療に使用するかどうかは主治医の判断を仰ぎましょう。自分ひとりで考え込むのでなく医師に気持ちを打ち明けるコミュニケーションを持つことが大切です。

 

次に日々の生活において自分の生活を快適にする方法を常に考えましょう。

 

リウマチは症状の進行に伴い体の関節に痛みが出て動かしづらくなってきます。重いものを運んだり家事がが以前のようにできなくなるのどの日常の動作に制限が出てくることもあるでしょう。そういった制限を少しでも減らすため、また体の負担を減らすために周囲の環境を自分が生活しやすいように整える必要があります。

 

例えば階段に手すりを取り付けるだけで日々の上り下りが楽になります。他にも家事を楽にするための自助具を利用すれば体の負担は減ります。道具は積極的に使用するようにしましょう。それは諦めではなく体の負担を減らすための改善への一歩、そしてリウマチの進行をネガティブに捉えるのではなく道具を使えばいいんだ、道具があるから進行しても心配はいらないと前向きな姿勢を保つ大切な手段です。

 

 

リウマチの痛みには冷え予防で対処

 

リウマチの基礎療法のにおいて大事なことの一つに体を常に温めておくことが挙げられます。関節は体が冷えると痛みが強くなります。冬は特に注意が必要で、長時間外で作業しなくてはいけないときはしっかりと厚着をし、カイロなど体を温める道具を利用して対策する必要があります。また、以外に注意が必要なのが夏場のクーラーです。自分の家では温度を自由に設定できるのであまり心配は必要ないと思いますが外出先のクーラー例えば電車、デパート、会社などでは自分で温度を設定するのは難しいため夏場でもひざ掛けや長袖の服を持ち運ぶなどの配慮が必要です。

 

温浴効果がリウマチの痛みを抑える

 

リウマチの痛みには入浴での温浴効果、カイロや湯たんぽなどで関節を温めるなどが非常に効果があります。特に朝の関節のこわばりにその部位を温めることで痛みを和らげてあげましょう。

 

特に入浴に関しては日々のリウマチ治療の一環として毎日入りましょう。入浴により体が温まり血行が良くなります。筋肉もほぐれ関節のこわばりもほぐれてきます。痛みがあるからと関節を動かさないでいると固まってしまうのでお風呂の中では積極的にマッサージやストレッチを行うようにしましょう。

 

高温のお湯に浸かれば体がほぐれると思いがちですが、お湯はだいたい38℃から40℃ぐらいのぬるま湯で20分ほど浸かれば十分に体が温まります。面倒だと思う日もあると思いますができるだけ習慣にしましょう。

 

自宅の温浴効果を最大限に高め寛解に近づくために開発されたリウマチ用の入浴剤がありますので是非試してみましょう
→リウマチ用の入浴剤はこちら

 

バランスの良い食事が大事

 

リウマチを発病したからといって食べてはいけないものがあるわけではありません。逆にリウマチが完治へと近づくような食事もないのでインターネット上にリウマチが完治する食事などとうたっている健康食品には注意しましょう。

 

基本的には何を食べてもよいのですが注意しなくてはいけないことが1点あります。それは肥満にはならないようにするということです。体重が増えればそれだけ関節に負担がかかるので体重が増えてきたと感じる人は食事制限をする必要があります。

 

食事は基本的にバランスの良く栄養を取ることが大切です。ビタミンやミネラル、エネルギーとなるたんぱく質や糖質、そして脂質をバランスよく摂取しましょう。

 

リハビリ次第で生活は変わる

リウマチは進行するにあたり筋肉の萎縮、関節が破壊されるなど体の色々な部位に機能障害が起きますが、それらの症状により悪化しているわけではありません。悪化を促しているのはリウマチ患者のリハビリ不足です。

 

リウマチ患者の多くは痛みがあるため関節を動かすことをやめてしまいます。動かさなくなった関節は筋肉が少なくなり可動域が狭まります。そして時間がたつにつれどんどん固くなり関節が変形してしまうのです。

 

そんな状態を防ぐためそして今できる生活レベル、生活の質を保つためにリハビリテーションは行われます。筋肉強化や少ない痛みで関節の可動域を広げるトレーニングを行うことで今できることを明日も来年もできるようにしましょう。

 

以下にリハビリの主な項目をまとめましたので参考にしてみてください。

 

理学療法 関節の血液循環を温熱や光線などを利用して促すことで痛みを抑える方法。家庭でできる方法としてカイロや蒸しタオルを痛みのある部位に当てる方法があり、病院ではマイクロウェーブやホットパックを利用した方法がある。炎症が腫れが強い部位には氷水を当てたりすることもある。
運動療法 リウマチ体操というリウマチ患者のために考案された関節の可動域を高める運動を行う。ダンベルやチューブを使用して筋肉トレーニングを行ったり水中を歩くことで関節の負荷を軽減するようなトレーニングを行うこともある。
作業・装具療法 作業療法は裁縫や編み物を手の指の機能回復を目的として行う。装具療法は関節の変形を予防するための矯正や炎症を抑える効果がある。

 

最新の薬物療法

基礎療法・リハビリテーションと治療の鍵を紹介してきましたがこれらは症状の進行を遅らせる手段に過ぎません。薬物療法はリウマチを改善するための治療法なのでしっかり理解しましょう。

 

薬物療法で使用される主な薬はステロイド薬・非ステロイド性抗炎症薬・抗リウマチ薬の3種類です。ステロイド薬と非ステロイド性抗炎症薬はリウマチの炎症を抑えたり痛みを抑える効果があります。抗リウマチ薬にはリウマチの原因となる免疫の働きに作用する薬です。

 

以前はリウマチの薬物治療は弱い薬から始め様子を見て強い薬に切り替えていくという手法を使っていました。例として、非ステロイド性抗炎症薬→弱い抗リウマチ薬→強い抗リウマチ薬→免疫抑制薬という順番で薬を使用していました。ですが研究の結果、関節の破壊や変形をこのような薬の使用法では抑えられないということがわかりました。リウマチは関節の破壊が発病から2年間で急激に進行するのです。なので早い段階でリウマチの炎症を抑えなければ関節の破壊が進んでしまうということです。

 

なので現在では発病から関節の破壊が始まるまでの2年以内に積極的に抗リウマチ薬を使用するようになりました。これは関節の破壊が始まり変形してしまうと、どんな治療を行おうと形をもとに戻すことができないからです。

 

薬物療法の流れとしては主治医の初期診断の後に抗リウマチ薬を使い始めます。医師の判断によっては薬を数種類使用する併用療法を行うケースもあります。これはリウマチの症状が初期の段階に病気を抑えるのを目的としています。以前とは違い、強い薬から始め、効果が表れてきたら弱い薬へと変えていくような治療法をとっていきます。

自宅でできる温浴ケアで寛解に到達

いまメディアやリウマチブログに多数掲載されているカンカイ(kankai)という自宅温浴ケアがリウマチの寛解の到達への手助けをしてくれると大きな反響を呼んでいます。

 

 

リウマチの3大原因の冷え性体質・血行不良による関節の硬化・睡眠不足による免疫力の低下に自宅温浴ケアで、体をしっかり温めることで血行と関節の柔軟性を改善し、ストレスのない睡眠をしっかりとることができるといわれています。

 

前の晩に温浴ケアをすることで翌日の朝はこわばりのながなく活動的に家事や仕事に向かうことができ、今まで抱えていた人間関係も改善することができるといわれています。

 

カンカイの製造は国内で行わているので高水準の品質です。さらに石油系界面活性剤や紫外線吸収剤さらにはシリコンやアルコールなどのダメージ成分は一切配合されていませんので安心して使用することができます。

 

さらに商品購入後に効果が感じられなかった場合は全額保証付きなので気兼ねなく試せます。

 

リウマチの辛い痛み・朝のこわばりをなんとかしたい人はぜひ試してみるといいですよ。

 

私の祖母もカンカイの温浴ケアを開始してから毎日散歩に外に出るようになりましたので、あなたの症状も緩和することを願っています。

 

→リウマチの温浴ケアカンカイの詳細はこちら